teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/26 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第二章『事件~一ノ刻~』(4)

 投稿者:ユオ  投稿日:2012年 2月13日(月)03時06分13秒
  通報 返信・引用 編集済
  ~2010年11月27日午前10時32分鈴紅斧市鈴紅斧町とある民家の前~

根山と美雪は美雪の父の友達が住んでいるという鈴紅斧町までやって来ていた
「ねぇ根山、父さんの友達が住んでる家はここなの?」
「あぁ、旦那様からはそう聞いているが・・・あまり気は進まないが無理矢理進入するしかないな」
2人の目の前にある民家、表札には武藤と書いてあった
ここは昨日射殺された武藤正弘の自宅だった
昨日ここに尋ねて情報を集めようとした2人だが
武藤正弘が死んだニュースを見て再び振り出しに戻ってしまった
だが家に行けば何かあるかも知れないと美雪が言い出した為ここに来ていた
玄関を確認した所何故か鍵がかかっていなかったので2人はすんなりと家に入れた
「警察が入る前みたいだね、荒らされたような後も誰か来た様子も無いね」
「そうだな・・・よし、美雪は1階で情報になりそうな物を探してくれ、私は2階を調べる」
黙って頷いた美雪はそのままリビングで捜索を開始
根山は2階行き武藤正弘の自室を捜索し始める

2階にやって来た根山、1つ1つ部屋を調べ武藤正弘の自室を発見し
中に入ってとりあえずPCを調べる事を最後にして資料が入った机の引き出しを見ていた
「・・・どうもおかしい」
家に入った瞬間から根山は2つ納得がいかない事があった
1つは鍵が開きっぱなしなのと、もう1つはタナトスの人間が武藤を殺したのであれば
十中八九・・・口封じと組織に関わる物を武藤から全て奪う為・・・
そのはずなのに自宅には誰も来た形跡が無い、警察が来てない事自体はまだ分からなくもないが
組織の人間どころか恐らくこの自宅には武藤が出て行ってから誰も入っていない
「計画に関する物より大事な物でもあるというのか?」
組織に関係しそうなファイルや資料を持って来たカバンに入れた根山は
PCからハードディスクを取り出すと同じくカバンに入れた
「こんな所か・・・」
自分が来た痕跡を全て消すと根山は美雪が居る1階に下りた

1階のリビングでお互いが集めた情報を話す美雪と根山
「私はこの資料が詰まったアタッシュケースと電話帳よ」
「武藤の自室でPCのハードディスクと資料だな」
思ったより組織に繋がりそうな情報があった
美雪もこれはおかしいと思ったが口には出さなかった
「とりあえず帰ろうよ、これ以上ここに留まると危ない」
「そうだな・・・早くアジトに帰るか」
根山と美雪は自分達が来た痕跡を全て消すと
急いでここまで乗って来た車に乗り走り出した

走る車の中、美雪が根山もおかしいと思った事を話し出した
「やっぱり変だよ、鍵はまぁ武藤がかけ忘れたとしても組織の人間が来てないのは・・・」
「確かにそうだ・・・武藤の自室も別の人間が入った様子は無かった」
考えれば考えるほど謎が多くなる
武藤を殺したのが組織なら口封じが目的のはずなのに
何故自宅に来ていないのか?、仮に来ていたとしても
資料には手を付けてないしPCにも手は付けられていない
「まさか・・・私達が止めようとしてる計画よりも重要な事がある・・・とか?」
「組織が自宅に来ていないとなると・・・可能性はあるな」
「それに・・・前にも言ったけど手に入る情報の量が多すぎると私は思う」
確かに美雪の言う通り大事な事があった
それは”情報の量“だ、世界の主要箇所を全て同時攻撃するとなれば
大量の兵器にそれらを動かす人員が必要になる
当然それだけ情報が外に洩れていれば守りを固められ
最悪攻撃をするタナトスの組織そのものを潰しにかかられるかも知れない
タナトスもそれを分かっているはず・・・なら尚更に美雪達や他にもタナトスを止めようと
動いている組織が掴んでいる”情報の量が“多すぎるのだ
「なら美雪は主要箇所破壊の計画は別の計画のカモフラージュの嘘計画だと?」
「私はそう思うよ、じゃなきゃ・・・手に入る情報の量が変だもの」
美雪の考え通りだとすれば、タナトスの人間が武藤を殺した上で家に来なかった事にも説明が付く
嘘計画であれば武藤の家にある主要箇所を破壊する計画の情報は”ゴミ“でしかない
「確かに怪しいな・・・なら美雪の考え通りにそっち方面でも情報を集め直そう」
「じゃアジトに戻ったらアメリカの仲間にも連絡するわ」
それから根山は黙々とアジトに向けて車を走らせる
美雪はアメリカに居る別の仲間に連絡をする為に準備を始めた
根山と美雪はアメリカに本拠地がある世界中を脅かす脅威から世界を守る為に
影で動き続けている組織フリーダムに所属している構成員だ
創設者は美雪の祖父で龍園光蔵(こうぞう)、そして今現在のフリーダムを束ねているリーダーは
美雪の父で龍園光一(こういち)だ、根山は龍園家の執事もやっているが
主にフリーダムでの活動をメインにしている

アジトに帰って来た美雪と根山は早速手早にアメリカへ連絡を取った後
武藤の自宅で集めた情報を整理しながら、次にどう動くか話し合っていた
「どうする?、日本で協力を仰げそうな所なんて無いし・・・」
「フリーダムもアメリカでの活動があるからな・・・物資以外の援助は期待出来そうにないな」
日本での活動は本来武藤と接触し情報を得るだけだった
だが別の可能性が強く出て来た為にリーダーの光一にも許可を貰い
ある程度に情報が集まるまで日本に留まる事になった美雪と根山
根山の言った通りフリーダムは現在アメリカをメインに活動している為
日本に増員を送る余裕が無い、精々物資の援助程度しか出来ない
「仕方ない・・・情報を集めつつ、日本で活動し易くする為にしばらくは一般人として生活しよう」
「分かった、それしか出来る事なさそうだし・・・」
美雪と根山は一般人として溶け込む事を決めた
そうすれば日本での活動がし易くなるからだ
「根山はどうする?、私はアルバイトしようと思うんだけど・・・」
「そうだな、アジトに戻る途中でビルの警備員の募集広告を見つけた、そこに行ってみようと思う」
美雪は町でアルバイト、根山はビルの警備員となるべく面接を受ける事にした
車でアジトに戻る途中で実は美雪もアルバイトの目星を付けていた
恐らくそこに面接へ行く事になるだろう
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/26 《前のページ | 次のページ》
/26